メールって難しいよね。

常々口走ってる事なんですけど、

 

言葉の情報量って

メール < 電話 < 対話 だと思うんですよ。

 

 

情報の中には

「文字」、「音」、「視覚」、

そのほか「におい」とか「温度」とか。

 

要は、メールってのは文字の情報だけなので

音量もアクセントも声色も表情も判らないし、判らないからこそなんだけど、勝手に違う解釈もする事が出来てしまうんですよね。

国語力にもよるんだろうけど、少ない文字数で完璧に読解するのってなかなか難しいなぁ・・・って常々、ね。

 

 

なんで改めてこんな事思ったかっていうと、

最近初対面な方とメールのやり取りしたり、お会いしたりが多いからなんですけど。

 

総じて、会った感触の方がいい感じがするんだよね。

双方が「見る」っていうのも大事なんだろうな・・・。

 

 

良い出会い、大切に。

 

A~C~